「2015年12月」の記事一覧

欠損した歯が少ない場合、治療としては

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両・・・

インプラント治療を始める前には、これまでの歯

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。 特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことを忘れないで・・・

一般的にはインプラント埋入手

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。 使われるのは部分麻酔で、入院することはめったにありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。あるいは・・・

欠損した歯の数が少ない場合、インプラント

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。 インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損・・・

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。 とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくのは必須です。美・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ