欠損した歯が少ない場合、治療としては

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両 … 続きを読む欠損した歯が少ない場合、治療としては

インプラント治療を始める前には、これまでの歯

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。 特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことを忘れないで … 続きを読むインプラント治療を始める前には、これまでの歯

欠損した歯の数が少ない場合、インプラント

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。 インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損 … 続きを読む欠損した歯の数が少ない場合、インプラント

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。 とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくのは必須です。美 … 続きを読むインプラント治療を始める前には、これまでの歯科