「インプラントとブリッジの選び方」の記事一覧

親知らずは麻酔による効用が有用

下部と比較して上部の親知らずは、麻酔による効用が有用なため、歯を抜く際も鈍痛が伴うといった実例が少なく、痛みを避けたい人だとしても手術は容易にできるのです。 普通の入れ歯の短所をインプラントを付けた入れ歯が解決します。ぴ・・・

正直なところ知っている人はどこにもいません

インプラントは死ぬまでもつのかが気になりますが、正直なところ知っている人はどこにもいません。インプラント治療はまだ始まって間がないので、証明できるほどのデータが得られていないのです。一番必要としているのが高齢者ということ・・・

インプラント治療の大きな問題は、何

インプラント治療の大きな問題は、何といっても費用の問題でしょう。 ほとんどのケースは保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用にはかなりの開きが・・・

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。 その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。 おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかな・・・

インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませ

インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけてください。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ず求められます。 ケア・・・

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。 チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。 費用がか・・・

どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入れ歯

どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。 外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外とな・・・

欠損した歯が少ない場合、治療としては

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両・・・

インプラント治療を始める前には、これまでの歯

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。 特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことを忘れないで・・・

一般的にはインプラント埋入手

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。 使われるのは部分麻酔で、入院することはめったにありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。あるいは・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ