「インプラントとブリッジの選び方」の記事一覧(2 / 3ページ)

欠損した歯の数が少ない場合、インプラント

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。 インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損・・・

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。 とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくのは必須です。美・・・

一口にインプラントとブリッジ治療といっても、3

一口にインプラントとブリッジ治療といっても、3ステップあると考えてください。 一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメント・・・

言うまでもなく、インプラントとブリッジにすれば虫

言うまでもなく、インプラントとブリッジにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら・・・

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査か

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。 この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフ・・・

忘れてはいけないインプラントとブリッジの

忘れてはいけないインプラントとブリッジのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないのでこ・・・

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。 インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじ・・・

長年放っておいた虫歯があり、結局

長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。 隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。 保険がきかないた・・・

インプラント治療は多くのケースでとても有効です

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。 第一に、費用は他の歯科治療より高額です。 ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。そして、治療にミスや失敗があると・・・

インプラント治療は多くのケースでとても有効で

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。 まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。 高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。加えて、治療が失敗して・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ