もし宣伝にひかれて脱毛エステに行ったりすると

もし宣伝にひかれて脱毛エステに行ったりすると、当たり前のように高いコースに勧誘され、契約を迫られる、なんていうイメージを持っている人もいるかもしれません。でも、実は、近年の様子ですが、勧誘という行為が一切禁止されている脱毛エステのお店も増える傾向にあります。勧誘されたり頼まれると言うことを聞いてしまうかもしれないと思っている人はそういう「当店は勧誘を行いません」というお店を選択するのがベターです。とはいえ、店舗が用意した体験コースなどのサービスを受けに行く場合については、程度はどうあれ勧誘を受けるだろうということを考えておくのが無難でしょう。脱毛エステに通う期間はどれくらいかというと、大体2、3か月に1回の施術を満足がいくまで続けるため、個人差があります。
施術が6回で十分だと思ったら、大体1年から1年半の期間になります。
多くの人は、一つの部位に12回程度施術をしてもらっているので、2、3年かかるでしょう。
毛周期に合わせて施術を行う必要があるので、悲しいですが月一のペースで受けてもあまり結果に結びつかないのです。
脱毛のエステを受けると、時々、火傷になってしまうこともあるという噂があります。
脱毛エステで一般的に使用されている光脱毛は、黒い色により反応する装置で、日焼けしている部分やシミの濃い部分については火傷する可能性もあるのです。
日焼けやシミの濃い部分は施術しないようにしますが、日焼けは避けるようにしましょう。脱毛エステは誰もが聞いたことのあるような、良く知られている大手さんの方が後悔することは少ないという意見が多くあります。あまり名前の知られていないような小・中規模のお店では、施術を行うエステティシャンの技術力そのものが満足のいくものではなかったり、客に対する気遣いが感じられないような態度を取られたりすることもあり、不満が溜まることがあります。ひるがえって大手のエステティシャンは十分に技術や接客などのスキルが叩き込まれていますし、何かしら問題が起こった場合においての対処法などもとてもしっかりしているものだと考えられます。脱毛エステの中途解約については、解約損料や違約金などといわれる金額を支払うことは免れません。ペナルティーの料金は法律で決められた上限がありますが、実際の支払料金は、お店の担当者に、聞いておくことが必要です。
問題が発生した場合のために、途中で解約する時の条件を事前に確認することをお勧めします。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ