一口にインプラントとブリッジ治療といっても、3

一口にインプラントとブリッジ治療といっても、3ステップあると考えてください。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのがだいたいの流れです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。そして、インプラントとブリッジの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラントとブリッジ治療ですが、チタンは骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染の可能性は否定できません。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと心得てください。院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、まずはそこを見てください。インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、該当する歯の分だけ治療することになります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、インプラントとブリッジ治療を優先して良いでしょう。
よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。見た目からしても、自分の歯のようにとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。費用や期間より、見た目重視の方にとって最適な治療と言えます。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。インプラントとブリッジ以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って完璧なセルフケアを目指してください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。
何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ