欠損した歯が少ない場合、治療としては

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。
人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。しかし、医療費控除の対象ではあります。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を用意しておきましょう。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。
このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ