長年放っておいた虫歯があり、結局

長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。
保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。
自費診療として始めるしかないのが負担が大きくなる原因です。安くできるケースで十数万円、難しいケースではその数倍の出費もあることをくれぐれも忘れないでください。
インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった話を聞いた方もいるでしょう。
でも、気にしなくて良いです。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、デメリットも知った上で選択してください。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。
また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。
ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい方にすすめられる治療なのです。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。
インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも自分の歯に近い感じで噛めるので、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい頑丈です。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ