インプラント治療を始める前には、これまでの歯

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことを忘れないでください。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。
もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスを受けられます。
医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。もし、自分が該当すると思われるなら治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、不断のケアが求められます。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。
どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。
インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ