インプラント治療は多くのケースでとても有効です

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。
歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題が起きる可能性もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるためにデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。様々なインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。
その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。
しかし、それは正しくありません。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属があれば、そこは乱れて映ります。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。
それでも保険適用外なのはインプラント治療と一口に言っても保険適用が可能な他の治療方法よりも検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。
これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ