インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査か

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかでかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。
歯科医選びに全力を尽くすことが治療の成否を決めるのです。
インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
耐久性の面で、インプラントとブリッジはどうかというと、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。
一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラントとブリッジ治療でも、院内感染の可能性は否定できません。このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。院内感染防止の対策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラントとブリッジ治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。
そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないと思ったら大間違いです。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。義歯だと思われたくない方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。
実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ