一般的にはインプラント埋入手

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院することはめったにありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。
自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。もし金属アレルギーの不安があれば治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛さもあるのです。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
デンタルケアを欠かさないことが重要です。日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなると歯周炎などの可能性があります。
残念ながら、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがただし、問題なく医療費控除を受けられます。
確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。確定申告を行うときには、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。
インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔が効いたことを確認した上で埋入手術を始めるためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともにだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探して、問い合わせてみましょう。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず維持費がかかることを知っておきましょう。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。
定期検診を受ける費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すのは必須です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ