インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませ

インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけてください。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ず求められます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。
自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。
しかし、原因が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことを忘れないでください。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って生活を送ってください。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動は当分控えてください。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。
運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と話し合うと安心できます。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。
また、できれば治療と費用の関係をクリアにしてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような分割払いに申し込める歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。現金で費用を一括払いする必要なく、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、何といっても費用の問題でしょう。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることはもちろんです。
加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかる点も知っておく必要があります。
どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を重視する方には最適です。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが次のステップに進むための条件です。
そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
インプラント治療の成功を願うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はつらくても禁煙するのが正解です。インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、根のケア次第で上から冠のような形のクラウンという義歯をはめられます。その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くという手段もあります。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。
一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ