インプラント治療は多くのケースでとても有効で

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。
障害が残るばかりか、死亡事故も実際に報告されています。人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
保険がきかない理由ははっきりしています。この人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代用となる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
虫歯をひどくしてしまい、抜くしかなくなってしまいました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。
保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かったと実感しています。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。
費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。歯科医院決定に大事なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、一般的なケースではなく、自費診療として始めるしかないのが高額の負担を避けられない理由です。
現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることをくれぐれも忘れないでください。費用や手間の面から考えても、インプラント治療は様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。それは本当のことではありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査で問題になることはまずありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ