忘れてはいけないインプラントとブリッジの

忘れてはいけないインプラントとブリッジのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって大きく異なります。
保険適用外がほとんどであるインプラントとブリッジ治療は、金額は歯科医院次第です。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。インプラントとブリッジ治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちするということにはなりません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントとブリッジを維持できなくなることが考えられます。
残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療も院内感染の可能性は否定できません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが治療の成否に関わる問題です。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ