欠損した歯の数が少ない場合、インプラント

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。審美性を考えた場合、ほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように歯みがきも気をつけてください。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。デンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。
インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず維持費がかかることを知っておきましょう。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。
こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告を行うときには、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ