どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。
普通は治療の全てが自費になるのが費用を押し上げる最大の原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯がまるごと抜けてしまった後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。
でも、気にしなくて良いです。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。
そのため、MRI検査は問題なくできます。
インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。
リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。
まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ