今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。インプラント治療には隠れたメリットがあります。
治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることもほとんどありません。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。
インプラントとブリッジ治療を考えているなら、最も重要なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラントとブリッジ治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。インプラントとブリッジはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。人工物であるインプラントとブリッジが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。
実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれで相当な開きがあります。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
欠損歯一本に対するインプラントとブリッジなら、30万円から50万円程度が相場です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ