インプラント治療を始める前には、これまでの歯科

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくのは必須です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。
もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。まずは歯科医に全て話しておきましょう。どんな完璧なインプラント治療でも、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。
人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を用意しておきましょう。
残念ながら、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告をするときの注意点として歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。手術後しばらくの間、患者さんは違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
大至急歯科医にかかってください。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。
インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。
もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。
化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
ですから、見た目を考えればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。
歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ