どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入れ歯

どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきました。費用全てを現金で一度に支払えなくても、自分が希望する治療を始めることはできるケースが増えました。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことを忘れないでください。全てのインプラント治療にとって大事なのがどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。
インプラントの特徴として虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。
感染が重篤化する危険性があるので即刻診断を受ける必要があります。
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても一概に費用を決められませんし、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。
そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。
しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。
手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくことをすすめます。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではしっかり禁煙するべきでしょう。
どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた優れた歯科医を探したいならば、どこの国までも治療を受けに行くということも考えていきましょう。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけません。
できるだけ幅広く情報収集することをがんばってみましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ